公式Blog

【2020年版】山梨でのいちご狩りでおすすめ時期・品種・人気スポット・宿泊プラン等をご紹介

2020.01.28

こんにちは、かげつ編集部です!

2020年に入り冬も本格化してきて、いちごが美味しい季節がやってきました。

山梨にはいちご狩りスポットが数多くあり、多くの人でにぎわいます。

今回は山梨のいちご狩りについて、注目の品種やいちご狩りスポットを、宿泊・日帰りプランと合わせてご紹介します。

 

「フルーツ王国やまなし」のいちご狩り

いちご狩り

江戸時代から山梨県は「甲州八珍果(こうしゅうはっちんか)」といって、いろんな果物を栽培していました。

いちごはもちろん、ぶどう、さくらんぼ、桃、梨などフルーツのバリエーションが豊かです。

フルーツ王国・山梨で、せっかく食べるなら新鮮で甘いいちごを食べたいですよね。

次の項目で、いちご狩りにお出かけするのはいつの時期がぴったりなのか見ていきましょう!

 

「フルーツ王国やまなし」のいちご狩り おすすめ時期

いちご狩りおすすめ時期

山梨では一般的に12月から5月までいちご狩りが行えます。

「いちご狩りのシーズンの中で一番おすすめな時期はいつですか?」と山梨市の観光案内所へ電話でたずねたところ、「2月が一番いろんな品種のいちごが食べられます」とのこと。

ちなみに美味しいいちごが育つには天気が大きく関係しており、晴れの日が続き寒い日が続くと新鮮ないちごが実ります。

いちご狩りにお出かけする際は、2月でよく晴れていて寒さが感じられる日にしぼっておでかけください。

 

山梨でのいちご狩り 美味しいいちごの見分け方

美味しいいちごの見分け方

ところで皆さん、美味しいいちごの見分け方って知っていますか?

いちご狩りに行った時に美味しいいちごの見分け方を覚えておくと役に立ちますよ。

とびきり美味しいいちごの見分け方のポイントは次の3つです。

(1)ヘタに近い部分まで赤く色づいている(ツヤがあるのは新鮮な証!)

(2)ヘタが反っているもの

(3)いちごの表面のつぶつぶがはっきり見える

美味しいいちごの見分け方ポイント1:「色味」

赤ければ赤いほど甘みがぎゅっと詰まっています。

大きなサイズのいちごだと色づき具合にムラが出ている場合がありますが、

先端からヘタの方まで均等に色づいているいちごを食べるのがおすすめです。

美味しいいちごの見分け方ポイント2:「ヘタ」

食べるわけでもないので見落としがちですが、ヘタも美味しいいちごを見分けるには重要な部分となります。

具体的にはヘタの色があざやかでピンと張っていて、細くしまっていることがポイントです。

ちなみにいちごを食べるときはヘタに近い部分から食べた方が酸味を感じにくいんですよ。

美味しいいちごの見分け方ポイント2:「つぶつぶ」

ここで1つ豆知識をお話しすると実はこのつぶつぶこそが果実なんです。

つぶつぶの正しい名前は「花托(かたく)といいます。

花托は果実が傷つかないように守る役割がある花の芯です。

つまりいちごが熟しているかどうかを見分けるには、つぶつぶを見れば一目でわかります。

いちごが完熟状態で甘みがのっているとつぶつぶも赤くなるからです。

 

ぜひいちご狩りに行ったときには「色味」「ヘタ」「つぶつぶ」に注目してください!

 

山梨でのいちご狩り 主な産地と特徴

いちごのハウス栽培

山梨県に数多くあるいちごの農園ですが、エリアによって作られているいちごの品種や特徴が違います。

人気エリアでそれぞれ作られるいちごの特徴を見ていきましょう!

山梨でのいちご狩り主な産地:笛吹市・石和温泉エリア

武田信玄も湯につかったとされる石和温泉のある笛吹エリア。

石和温泉駅から車で10分の位置にある『石和いちご館青柳』では14種類のいちごが作られていて、有名どころだと章姫や紅ほっぺの品種が食べられます。

山梨でのいちご狩り主な産地:富士五湖エリア

世界遺産に認定されている日本一のお山・富士山。

富士山のふもとには富士五湖と呼ばれる5つの湖があります。

富士五湖エリアで食べられるいちごは、富士山の天然水を使って育てられているのでとってもみずみずしくて美味しいですよ。

山梨でのいちご狩り主な産地:甲州市エリア

いちごといえばコンデンスミルクをつけて食べる印象ですが、甲州エリアで育ったいちごは甘みが格別。

そのまま食べても十分甘さを感じられるのがアピールポイントです。

晴れの日には甲府盆地・南アルプスを一望出来るロケーションにあるのも特徴。

山梨でのいちご狩り主な産地:山梨市エリア

山梨エリアには『いちごランド』と呼ばれるいちご狩り農園の集まるエリアがあって、4軒の農園でいちごを楽しむことができます。

注目すべきは、山梨エリアでのいちごの栽培方法『高設養液栽培方法』。

管を使用していちごに栄養を送り込んでいるので、他の農園ではしゃがみながらいちごを食べるところを、立ったまま食べられます。

山梨でのいちご狩り主な産地:甲府市エリア

甲府エリアで注目したいのが残留農薬ゼロでいちご栽培している『グルメいちご館前田』です。

時間制限なく5種類のいちごを食べ比べ可能で、たくさんの人がおとずれます。

ハウスの奥には追加料金を支払うことで立ち入り可能なエリアがあって、都心部だと1粒で800円前後する「あかねっ娘」や「愛ベリー」「サラダイチゴ」などの希少な品種を購入し食べることが可能です。

 

「フルーツ王国やまなし」で食べられるいちご品種5例

イチゴの収穫

あらゆるフルーツを栽培している山梨県でいちごを楽しむとき、気にかけて選びたいのがいちごの品種です。

いちご狩りで食べるいちごの品種によって甘みや大きさ、食べ応えがまるで違います。

こちらの項目では山梨県で食べられるおすすめのいちご品種のご紹介です。

1.甲斐サマー

山梨県のオリジナル品種である甲斐サマー。

甲斐サマーの特徴は、冬春いちごのあとに提供していくため山梨県が育て上げた夏秋に出回るいちごです。

ちょうどいい甘酸っぱさを楽しめるいちごとして人気が高まっています。

2.あきひめ

あきひめは「久能早生」と「女峰」という品種を掛け合わせたいちごです。

静岡県の萩原章弘さんという人が育てたので、章弘の「章」という字と「姫」であきひめ(章姫)と呼ばれるようになりました。

果実はほんの少しやわらかいのが特徴で、酸っぱさをあまり感じさせない、甘いいちごです。

3.紅ほっぺ

静岡県生まれの紅ほっぺは、「章姫」と「さちのか」という品種がかけ合わさり生まれました。

2002年に誕生して以来、出回る時期的にいちご狩りシーズンにぴったりなため人気も高い品種です。

特徴としては香りもよく酸味・甘みともに感じられるいちごで、「ほっぺたが落ちそうなくらいおいしい」ことから紅ほっぺと名付けられました。

4.アイベリー

1983年、愛知県より誕生したいちごのため「アイベリー」と名前がついています。

アイベリーは粒がとっても大きないちごで、大きいものだと80gをゆうに超えるのが特徴です。

大きさだけにとどまらず、味・食感どちらもしっかりとしていて食べ応えがあります。

5.かおり野

三重県から全国に広まっていったいちごの品種「かおり野」。

上品な香りがただようことからかおり野という名前がつけられました。

かおり野は果汁がたっぷり詰まっていて果肉もしっかりしているのが印象的です。

さらに酸っぱさがひかえめで、口当たりのいい甘みを感じられます。

 

山梨で注目のいちご狩りスポット3選

ここまでいちごの食べ方や品種など詳しく見ていきましたが、続いては肝心のいちご狩りスポットをチェックしておきましょう。

山梨県にはいくつも素敵ないちご狩り農園があり、1軒1軒異なる魅力がつまっています。

気になるいちご狩り農園へぜひおでかけしてくださいね!

1.13種類のいちごを食べ比べできる「イチゴザンマイ」

イチゴザンマイは山梨県の中でも最大級のハウスの面積を誇っており、いちごの種類も13種と豊富です。

普段スーパーやデパートに足を運んでも、13種類もいちごが並んでいるような状況、なかなかないですよね!?

バリエーション豊かないちごたちを、イチゴザンマイで心ゆくまでご堪能あれ。

2.愛犬と一緒にいちご狩りが楽しめる「中島フィールズ」

愛するワンちゃんと一緒にいちご狩りを楽しめるのが、山梨県山梨市にある中島フィールズ。

いちご農園となると足場が心配になりますが、ビニールが敷き詰められているのでワンちゃんも飼い主さんも汚れることなくいちご狩りができます。

また、いちご狩りシーズンは寒い冬の時期といったイメージがありますが、中島フィールズはハウス内でいちごが食べられるので冬の寒さは心配いりません。

お天気に左右されることなくいちご狩りを満喫できるのは中島フィールズ最大の魅力です。

3.特性いちごソフトクリームが人気の「いちご農園 藤田」

山梨県で最大のいちご園として名を上げるいちご農園 藤田。

いちご農園 藤田で育てられているいちごの品種は驚きの16種類。

とちおとめや紅ほっぺなどの有名品種のほか、希少ないちごまで食べられるのも特徴です。

いちご狩りのほかにもいちご農園 藤田ならではのいちごソフトクリーム、ジェラートが販売されています。

 

いちご狩り体験と合わせたいおすすめの宿泊・日帰りプラン

いちご狩りを楽しんだあとは石和温泉でゆっくりお湯につかっていきませんか?

かげつ編集部が厳選した、銘石の宿かげつのおすすめ宿泊・日帰りプランをご紹介します。

いちご狩りをメインに体験したい方「いちご狩り体験プラン2020」

いちご狩り体験プラン

銘石の宿かげつでは、2020年から1月9日〜4月24日までいちご狩り付きの宿泊プランが展開しています。

ご宿泊される場合は先にお宿にお越しいただき、専用チケットをお受け取りください。

ちなみにいちご狩り農園までは車で送り迎えをしてもらえるので電車でお越しのお客様にもおすすめです。

いちご狩りを30分間お楽しみの後は、宿に戻って美味しいかげつ甲州牛の溶岩焼きのご夕食をお楽しみいただけます。

【料金】一間客室5名様 ¥19,800〜

詳細はこちら➡︎/stayplan/strawberry-2020/

【1月・2月限定】混雑回避!平日にお得に泊まりたい方「お得に泊まろうプラン2020」

平日限定プラン

お仕事の都合でお正月休みが取れないお客様に朗報です!

銘石の宿かげつの限定プランを利用したくさんの宿泊のお客様でにぎわう繁忙期をずらして、平日にお得に泊まることができます。

「お得に泊まろうプラン2020」の目玉はかげつ甲州牛の溶岩焼き&6,000坪の日本庭園と大露天岩風呂です。

いちご狩りシーズンなのでいちご狩りを行なった後、夕食でかげつ甲州牛に舌鼓を打つ……なんて贅沢な時間を過ごせます。

旅の醍醐味の1つである温泉ですが、銘石の宿かげつ自慢の露天風呂に滞在中いつでも入ることができるのが魅力的。

お庭を眺めながら旅の疲れを心ゆくまで癒してください。

【料金】一間客室 2名様 ¥18,700~/1人

詳細はこちら➡︎/stayplan/2020zura-toku-winter/

【入浴&日帰り】昼食後にいちご狩りを楽しみたい方は「日帰り・庭園散歩プラン」

庭園散歩プラン

銘石の宿かげつの自慢である庭園と温泉を一緒に楽しむことができるプランもあります。

アメリカの雑誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」において、毎年銘石の宿かげつの庭園が上位にランクイン。

世界からも注目される庭園では、特別な時間をお過ごしいただけます。

プランの特典に「鯉の餌」プレゼントという内容があり、庭園を泳ぐ鯉たちにえさやりも可能です。

ご昼食はやわらかな肉質の甲州牛を使った「かげつ溶岩焼き会席膳」をご用意しています。

お食事の後は温泉でゆったりとした時間をお過ごしください。

ご宿泊プランだけでなく、日帰りでも十分石和温泉を満喫することのできる魅力的なプランです。

【料金】¥8,000(税別)/1人

詳細はこちら➡︎/dayplan/teien-sanpo/

 

まとめ

山梨県でいちご狩りを存分にお楽しみいただくため、いちごの食べ方から山梨のいちごの品種まで幅広くご紹介しました。

エリアごとにいちごの品種や特徴が違うので、何度足を運んでも楽しめそうですね!

いちご狩りと一緒にかげつのお得な宿泊・日帰りプランもご検討くださいませ。

【2020年版】山梨でのいちご狩りでおすすめ時期・品種・人気スポット・宿泊プラン等をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Blog一覧

公式HP予約特典

宿泊プラン 日帰りプラン オンライン予約・空室検索