季節の料理

季節の料理

四季のある日本には一年を通して数多くの食材に恵まれています。旬の野菜は味はもちろんのこと、栄養価も高く、人々にとっても必要な力を備えています。

銘石の宿かげつでは、厳選された生命力溢れる旬の食材をふんだんに使いながら、その素材を活かし、さらにもうひと手間掛けて創りだされる美しい形、季節感豊かな会席料理をご提供しております。五感で愉しみ、心も身体も満たしていただけたらと願っております。

かげつ溶岩焼

天然溶岩は、保温力に優れていることはもちろん、火にかけることによって遠赤外線効果を発生し、素材をふっくらやわらかく仕上げることができます。

春の料理

  • 春の料理
  • 春の料理

春の御献立

食前酒
甲州小梅酒
御通し
蕗浅蜊 針生姜
前 菜
穴子押し寿し
 烏賊一夜千し
 分葱ぬた和え
 天女魚素揚げ
 紅芋嶺同寄せ
 チーズさくらんぽ
造 り
鮪 間八 鳥賊
 平目奉書巻 妻色々
煮 物
飯蛸大和煮
 つるむらさき 独活 豌豆
焼 物
甲州地鶏と笥の葱味噌焼
焜 炉
かげつ溶岩焼 黒毛和牛
 野菜一式 醤油ソース 岩塩
洋 皿
鯛と帆立のソテー 敷大根
 海老真丈春巻揚げ トマト
 針葱 ジェノベーゼソース
酢 物
山菜山葬ドレッシング
 蕨 こごみ 行者ニンニク
 うるい 蟹身
蒸 物
福子道明寺蒸し 桜花 銀餡
食 事
ご飯 縮緬雑魚 香の物
御 椀
白魚 姫皮笥 若布 桜麸
水菓子
シャンパンゼリー 季節の果物

おざら

その昔甲州では麺類全般を「おざら」(おだら)と呼んでいました。現在では、夏の暑い時季に冷した麺をつけ汁に浸して食べる食べ方を「おざら」と呼んでいます。別名「冷しほうとう」とも呼ばれています。

夏の料理

  • 夏の料理
  • 夏の料理

夏の御献立

食前酒
かげつ謹製花梨酒
御通し
トマト豆腐
 浜防風 山葵
前 菜
本鱒柚庵焼き
 空豆 茗符 酢橘
蛸磯辺和え
手長海老空揚げ
チーズ明太子
諸胡瓜
白鱚甘酢漬け
造 り
鮮魚盛り合せ 妻色々
焼 物
福子すだれ焼き
 酢蓮根 葛餅
凌 ぎ
ワイルドライスのサラダ
焜 炉
黒毛和牛の溶岩焼き
揚 物
海老真薯玉蜀黍揚げ
 夏野菜のフリット添え
酢 物
烏賊酢味噌和え
冷 鉢
おざら 南瓜 椎茸
 海老 小メロン 薬味
留 椀
赤出し立て
 焼き茄子 三つ葉
食 事
ご飯 縮緬雑魚
香の物
三種盛り
水菓子
桃プリン 季節の果物

甲斐八珍果

ぶどう、桃、梨、栗、石榴、林檎、柿、銀杏(銀杏は胡桃に置き替えることもある)
江戸時代、峡中八珍果として甲州道中(甲州街道)を通り幕府へ献上されるなど、人々に珍重された甲斐国の代表的な果物です。
江戸神社の菱和殿(りょうわでん)には、八珍果をはじめ山梨県に見られる草木など一二〇展の天井画が奉納されています。

秋の料理

  • 秋の料理
  • 秋の料理

秋の御献立

食前酒
かげつ謹製レモン酒
御通し
煮貝のジュレ 鮑 葡萄
吸 物
松茸土瓶蒸
前 菜
帆立菊花焼き 名残鱧南蛮漬け
衣かつぎ 蟹チーズ春巻
南瓜団子月見立て 銀杏松葉
造 り
間八 鮪 鮃 烏賊 妻色々
煮物替
無花果薄衣 鐵野菜 胡桃
凌 ぎ
ひじき蕎麦 鰊甘露煮 薬味一式
焼 物
秋刀魚燻製 焼栗 かぼす
焜 炉
甲州牛溶岩焼 野菜一式
揚 物
大豆と雑魚のかき揚げ
海老団子 大葉 蓮根 隠元
ライスペーパー レモン
酢 物
甲斐八珍果胡麻和え
食 事
御飯 縮緬雑魚 香の物
止 椀
萩寄せ 生木耳 貝割菜
食 後
季節の果物

福箕汁(みみ鍋)

福箕汁(みみ鍋)『みみ』は、その形が農具の箕に似ていることから、福をすくい取るという意味をこめて福箕となり、これが転じて『みみ』となったといわれている。山梨県の秘境十谷では、元旦の朝、その年の福を全部すくうという縁起をかついで『みみ』を作って食べるといいます。ほうとうの十谷版です。

冬の料理

  • 冬の料理
  • 冬の料理

冬の御献立

食前酒
かげつ謹製花梨酒
御通し
豆乳豆腐 蟹身 わさび
前 菜
吹き寄せ盛り
海老山椒焼き 塩煎銀杏
柚子柿薄衣 胡桃甘露煮
松葉蕎麦 毯栗 銀杏丸十
子持ち昆布 稲穂
造 り
鰆の叩き 鮪 間八 甘海老
煮 物
小鍋葛仕立
小蕪 海老 浅蜊 菜花 針柚子
焼 物
鰤長芋重ね焼 栗 葱大根 葛素麺
焜 炉
甲州牛溶岩焼 野菜一式
揚 物
白身魚のカダイフ包み バルサミコソース ベビーリーフ
酢 物
冬山舞茸 大和芋 とびこ
蒸 鉢
空也蒸し 木綿豆腐 繕鰭餡
食 事
御飯 縮緬雑魚 香の物
御 椀
福箕汁 みみ 牛蒡 椎茸 三つ葉
水菓子
季節の果物

料理のご案内

公式HP予約特典

宿泊プラン 日帰りプラン オンライン予約・空室検索